Skip to content

パソコンの購入方法による違い

パソコン本体を購入する方法は大きく分けると2つあります。

ひとつは家電量販店の店頭などで完成したものを購入する方法とインターネットを利用して自分で部品を選びオーダーメイドで組み立ててもらう方法です。ひとつめの方法は、メーカーがお勧めするソフトが大量に入っており、購入後すぐに使うことができます。また、ソフトを単品で買うよりもかなり格安の価格設定となっているため、フリーソフトをインストールしてあまり利用しない人にとってはサポートも一括してパソコンメーカーが直接行ってくれる場合も多く便利です。

ただし、メモリー容量やハードディスク容量は後で増設できる場合もありますが、一般的に購入後の自分なりのカスタマイズが難しいという欠点があります。もうひとつの方法では、自分なりにCPUのクロック数などを変更できるため、どのような使い方をしたいのか把握できる方には料金を抑えることができます。

また、必要なソフトもパソコン本体とは別購入の場合が多くトータル的に上記のものと同じ性能で同じソフトを購入した場合には割高になる可能性があります。納入時期も1カ月程度かかる場合もありますから時間の余裕があり細かなカスタマイズがしたい方にはお勧めできる購入方法です。保証に関してはメーカー独自の保証を提供しているところがほとんどで、1年以上の長期メーカー直接保障も利用できる場合が多くあります。2番めの方法は、パソコンを自分で組み立てることはできないけれどパソコンの知識はある程度あるという方が多く利用している購入方法です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *