Skip to content

パソコンをマルチディスプレイ環境で使う

パソコンには、2台以上のディスプレイを同時に接続して使用するマルチディスプレイという機能があります。

この機能を使えば、ディスプレイが1台だった頃には戻れないほどの快適性を得ることが出来るのです。マルチディスプレイは多くの分野で有効です。例えば、株式投資やFXトレーディングを行う場合です。株やFXでは多くの銘柄や通貨のチャートを同時に監視し、売買のポイントが見つかったときに注文を出します。

この際、チャートの監視と注文を一つのディスプレイで行っていたのでは、チャート画面と注文画面を切り替える手間が掛かり、売買タイミングを逃してしまう可能性があります。

チャート画面と発注画面を別々のディスプレイに表示させておけば、チャートを見るのと同時に注文を出すことが可能なので、タイミングを逃すことも無くなります。一般的なパソコンの作業を行う場合でも、マルチディスプレイは非常に効果的です。仕事であれば、資料を見ながら表計算ソフトに入力したり、企画書を作成することがあります。一つのディスプレイに資料を表示させ、もう一つのディスプレイに入力するソフトを表示させておけば、作業効率が格段に高まります。

二つの資料を表示させ、見比べることも容易に出来るのです。また、2台以上のディスプレイに同じ表示を行うクローン機能を使えば、自分のパソコンとプロジェクタに同じ画面を表示させてプレゼンを行うことも可能になります。マルチディスプレイ環境を構築すれば、あらゆるパソコン作業が快適になるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *