Skip to content

パソコンのモバイル通信環境

スマートフォンなどの急速な普及で、外でインターネットをする事が当たり前の世の中ですが、パソコンにおける地位は時代共に変化しています。

情報の簡単な閲覧だけなら、パソコンが無くともできる時代になりました。しかしながら、書類作成や分析など専門的な作業はパソコンがまだ強いのが現状です。オフィスや自宅なら固定回線があるので、インターネットはすぐにできますが、屋外での通信方法でいくつかの事例を紹介します。①公衆無線LANを使うお店や駅など人が集まる場所を中心に無線LANサービスが展開しています。

昔から一般的な方法ですが、最近はスマートフォンのデータ通信の契約とセットやオプションでついてくる場合があります。②スマートフォンのテザリング機能を使う無線LANサービスエリアで無い場所は、スマートフォンの機能としてテザリング接続があります。スマートフォンをモバイルルーターの様に無線LANの親機になる機能です。契約により、通常のネット接続と別料金になったりする場合がありますが、モバイルルーターを持ち歩く必要が無くなるので、荷物が減ります。③SIMカードが使える機種の導入最近はパソコン自体にSIMカードを挿入して、単体でスマホと同じデータ通信を行える機種がリリースされています。

SIMカードも通話無しのデータ通信用は月1000円を切る価格等、コストパフォーマンスも良好です。④Wimaxの導入①②③の方法以外でWimax接続があります。専用のモバイルルーター契約が必要ですが、屋外に居ながら、屋内の固定回線並みのスピードと通信容量の制限が無い事がメリットです。サービスエリアは限定される場合がありますが、どこでも高速回線をストレス無く使いたい方にお薦めです。このように、様々な方式がありますが、作業環境に応じた選択をすれば、外出中でも快適なパソコン環境が構築できます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *