Skip to content

通信関連pcを自作するなら電源ユニットにこだわる

現在はパソコンもデスクトップ型・ノート型ともに価格が下がり、法人向けであればかなり手頃な価格でpcを手に入れる事が出来るようになりました。

ですが通信関連の基礎知識を学ぶためには、pcの事を良く知るために自作を勧める会社も多く存在しています。パーツを自分で選び組み立てる自作のpcを起動させるには、かなりの技術や知識が必要となります。ですがその知識は確実にシステムエンジニアに就職する際や、プログラミングで役立つものばかりです。

そのため現在でも自作を行う人は一定数存在しています。pcの自作の際に、要注意したい部分が電源です。電源ユニットは通信関連の仕事でも最もトラブルが発生しやすい場所と言われています。電源が入らない、長押ししてもシャットダウン出来ないなどのトラブルは非常に身近な話です。加えて、電源は他のパーツと密接につながっています。

電力はまずマザーボードに走り、その後メモリ等が起動しますから、しっかりとした製品を選ばないとトラブルを大きくする事になるのです。電源ユニットを選ぶ時には、出来るだけ電力容量に余裕がある大きいものが良いでしょう。通信関連で学ぶ事はたくさんありますが、システム系会社では現在でも自作のpcを使っての作業が当たり前というケースも見られます。自分で必要な部分をカスタマイズできるという点においては、自作が最も適した形になるのです。自分でパーツやユニットを調べながら一度しっかり基礎を学びましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *