Skip to content

自分ひとりでゼロからpcを組み立てる事の意義と利点

自作pcの長所は非常に自由度が高い点です。

メーカー製品の場合、完成品になっているため自分で組み立てる必要はありません。その代わりにGPUのグレードやCPUの種類、サウンドカードの品質やSSDの容量などを細かく決める事は出来ません。安価な製品が買えるイメージが強い家電量販店ですが、いわゆるメーカー製のpcに関してはやや例外です。一流メーカーの新型pcを家電量販店で買うと高額になりやすいのがネックです。

一方自分で組み立てる事で、大幅に費用を低く抑えられます。単純比較で家電量販店で買うよりも、同じマシンスペックの物が半額以下のコストで組み立てられるのが自作pc最大の利点です。勿論実際にはケースバイケースではありますが、自力で組み立てた方が自分好みの構成になりますし、要らない部品や機能をそもそもカットする事で、同じ予算の中でも、よりワンランク上の構成に昇華させられます。更に自分でゼロから組み立てる事で自然とpcの知識が身についていきます。

一見すると地味なメリットかもしれませんが、自分ひとりで黙々と制作する事で、どの部品がどういった役割を果たしているか、実践的なスキルと知識が体得可能です。その経験は会社や家庭で役立つ事が多く、家族や同僚のマシンが不調を起こした時、自作マシンの製作を通して得た知識やスキルを活かして、颯爽と修理する事も夢ではありません。何事も実践と経験が大事であり、メーカー製の物を使っているだけでは得られない、貴重な応用力が手に入ります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *