Skip to content

簡単なようで難しいpcを組み立てる自作

少しでも安くpcを解体なら、組み立てを自分でする自作がベストです。

ケース・マザーボード・CPUなど、必要なパーツを買ってきて自作すれば市販されているメーカー製よりも、同程度のスペックなら安く手に入れることができます。同価格帯なら性能をアップさせることができるので、マニアの間では自作するのが当たり前と言えるほど一般的です。pcの組み立て自体は、ドライバーでネジを締めたりコードを挿したりするだけなので特別な技術は必要ありません。

工作と同じ感覚でできるので誰でも可能ですが、一つだけ注意しなければいけないのは相性などの問題です。pcを組み立てるときに使用するパーツには、相性があり上手く動作しないケースが稀にあります。もし相性の問題で正常に動作しないと、自力で解決しなければいけません。

メーカー製ならサポートに問い合わせれば解決策をアドバイスしてくれますが、自作の場合は全て自分で行う必要がありますから、組み立てるならpcの知識がそれなりにないと難しいのが現実です。安く購入するために自作を考える人も多いと思いますが、ある程度の知識を身に付けてから行いましょう。自作以外で安く買いたいなら、BTOがおすすめです。BTOは自作より価格が上がってしまうものの、メーカー製より自由度が高く思い通りのスペックにできます。最初はBTOで買って一部パーツの増設や交換を経験してから、pcの組み立てをするのが自作の近道とされています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *