Skip to content

pcを組み立てる際にFDDを取り付ける必要はあるか

ひと昔前まで自分でpcを組み立てる際には、フロッピーディスクドライブが必須パーツの一つでした。

これは、フロッピーディスクがOSの起動やインストールに必要なデータやBIOSの更新ファイルなどを収めるメディアとしてよく利用されていたためですが、時代が移り変わってOSが非常に大きなソフトウェアになってきたことや、フロッピーディスクより大容量かつ便利な記憶装置がたくさん開発されたことなどもあり、今日ではpcの組み立てる際にFDDがなくても特に問題は無くなっています。

近年はマザーボードにおいてもFDD用の機構が削除された製品が多くなっており、フロッピーディスクは過去の存在になりつつあります。もし、FDDを取り付けるのではれば、そのケースは組み立てたpcの動作がおかしくなったときにUSBメモリーなどの記憶装置を使って対処できないときに備えたい場合などに限定されるでしょう。例えば、2つ以上のOSを導入する場合、ソフトの種類によっては電源投入後に一方のOSを起動させられないことがあります。

このようなときに組み立てたpcにFDDが取り付けられていると、そこから予めブートローダーを入れておいたフロッピーディスクを挿入して電源を入れることで、通常の起動では選択できなかった方のOSを選んで立ち上げることができるようになります。また、USBメモリーなどからの更新に失敗したときにFDDがあると、BIOSの更新に必要なデータを納めたフロッピーディスクを使って更新作業を行う方法をとることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *