Skip to content

pc組み立ての順序と方法

一番初めにマザーボードにCPUやメモリなどの、pcの基本となるパーツなどを取り付けていきます。

マザーボードをケースにねじ止めしてからパーツを取り付けると、作業が行いにくく、ケース内が暗いのでpcパーツの思わぬ破損などにも繋がります。基本的なパーツの取り付けが完了したら、CPUにCPUグリスを塗布して薄く伸ばし、その上にCPUクーラーを取り付けます。CPUクーラーはネジを回して固定する方法と、ピンを押し込んで組み立てる方法があります。

クーラーがしっかりと取り付けられていないと、冷却が出来ずにCPU温度が著しく上昇することもあるので、注意が必要です。CPUクーラーの取り付け時には、ネジを対角線上に締めていくことで、隙間が発生することなく、全体をバランスよく組み立てることが可能です。マザーボードにすべてのパーツが取り付けられたら、電源ユニットのケーブル類をマザーボードに接続します。基本的なケーブルにはマザーボードの給電用のATX電源や、CPU用の電源などがあります。

すべてのケーブルの接続が完了したら、pcケースにマザーボードを入れ、ネジでしっかりと固定して組み立てます。グラフィックボードを搭載する場合には、マザーボードをケースに入れた後の方が、作業が行いやすくケーブルの接続も簡単です。最後にストレージやDVDドライブなどを、SATA端子と電源ケーブルで接続することで、pcの組み立てが完了します。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *