Skip to content

簡単に覚えられるpcの組み立て手順

pcの組み立ては、正しい手順さえ知っておけば誰でも簡単に完成させることができます。

逆に手順を間違ってしまうと、組み上げるまでに時間がかかる上にトラブルの原因ともなりかねません。焦って急いでpcを組み立てようとするのではなく、手順をしっかり確認しながら落ち着いて作業するようにしてください。最初に確認するのはマザーボードです。基盤とも言われるこの部品は、pcを組み立てる上でベースとなるパーツです。マザーボードを購入したときに付いていた袋は、静電気を防ぐ役割を果たしています。

この上に置いて作業をすると、傷がつかない上に電子部品の故障も防げるので捨てずに取っておくようにしましょう。最も大きなパーツである、CPUを基盤に差し込みます。端子の向きを確認し、基盤に無数にある穴の上に設置します。通常はカバーで覆い隠されているので、脇にある金属のレバーを下に押してから横にずらし、上げて開いてください。CPUの上にはクーラーを取り付けます。これは簡単で、CPUの周囲にある4箇所の穴に差し込むようにするだけです。プッシュピンになっているので、奥まで力を入れて差し込むとカチッと音がして固定されたのを確認できます。

メモリは長めのスロットに差し込むだけです。これは普段から増設時に行うことも多いので、特に難しいことはないでしょう。一応、向きがあるので、差し込み側にある切り込みを参考に向きを確認すると間違いを防げます。最後にpcケースに基盤を取り付けて、組み立てが完了します。ネジは振動防止のためにも、しっかり締めておくことが大事です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *