Skip to content

pcを組み立てるのは難しくない?

pcはメーカー品であってもそれぞれのパーツからなっており、いくつかのパーツは交換できるようになっています。

pcを構成しているのは基盤となるマザーボード、演算処理を行うCPU、処理するためのデータを一時的に記憶しておくメモリー、データを保管しておくHDDおよびSSDといった記憶補助装置、そしてそれらに電気を供給する電源です。それとCPUを冷却するための冷却ファンや、これらパーツを収容するためのpcケースが必要で、また高度な映像処理を求める場合には高性能グラフィックボードも必要なパーツといえます。

pcパーツのうちマザーボード、電源といったものはケースに取り付ける必要があるためネジ止めを行わなければなりませんが、マザーボード、CPU、メモリー、グラフィックボードなどはスロットがあり、差し込むだけで組み立てることができます。基本的に誤った規格が使えないようにそれぞれ形状に工夫がされていますから、組み立てるさいに間違うといったことはありません。

pcの組み立てそのものはルールに則ればそれほど難しいものではなく、誰でも組み立てが出来るものです。また組み立てでなくても消耗品であるHDDやSSDは交換しやすいようになっていますし、グラフィックボードなども交換が容易にできるようになっています。ただし、気をつけたいことは静電気で基盤に触れるさいには静電気除去を行うか専用の手袋を着用した上で作業するのが安心です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *