Skip to content

既製品の気になる点と自作pcのメリットについて

お店に並ぶ有名メーカーのデスクトップpcはとても魅力的な製品です。

世間でよく耳にするメーカーの新製品なら安心感がありますし、初心者の間は量販店でスタッフの方の助言を受けながら、エントリー用のマシンを買うのがオススメです。一方で学校や職場でデスクトップpcを学び、平均以上のパソコンスキルを既に体得したユーザーの方は、既製品を買うのではなく、ゼロから自作した方が色々なメリットを得られます。既製品の欠点は拡張性が低いところです。pcケースを開けて部品を自分好みに交換する事が出来ない場合が多いです。また増設や交換をするとメーカーサポートの対象外になります。

メーカー製品は修理費が高く、またメンテナンスには長い時間が掛かるのがネックです。一方でデスクトップpcの自作すれば、徹底的に自分好みの仕様に出来ます。既製品には無い、自分の作業目的に特化したマシンスペックに仕上げられますし、自作する事で予算を大幅に節約出来るのです。自作なら個人的にお金を掛けたい部分には手厚く投資ができ、反対に自分の趣味や仕事に無関係な機能やパーツは徹底的に削られます。

良い意味で機能とパーツのメリハリをつけられるのが自作最大の利点であり、ただ単に安上がりになるだけではありません。市販品には、あまり使われていない最新型のCPUや大容量のSSDなどを自分の判断で採用出来ます。料理のレシピを考えるように、pcの構成を考えるだけでも非常に勉強になりますし、自分の思い通りのマシンが完成した時の喜びは言葉にはならない至福のものです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *